NOZAKI KENKO ノザキ建工株式会社
会社概要
工法紹介
Super KING<スーパーキング>工法
KING<キング>工法
HYSC<ハイエスシー>工法
工法の概要
工法の特長
HBM<ハイビーエム>工法
構真柱建込工法
ANS<アンス>工法
NMR<エヌエムアール>工法
施工実績
お問い合わせ
TEL:043-243-0606
サイトマップ
TOPへ
HYSC工法・工法の特長
Point1
 
合理的で経済的な設計が可能です。
ソイルセメントとリブ付鋼管の一体化により、ソイルセメント柱径を有効径として地盤の鉛直および水平支持力を算定することができます。
従って地盤の支持力はソイルセメントが受け持ち、杭体応力は、高強度高鞭性の鋼管が負担する合理的な杭の設計が可能です。
Point2
 
支持力特性が優れています。
ソイルセメント柱造成中の孔内はスラリー化したソイルセメントで満たされた状態であるため、孔壁の崩壊は起こりにくく、周辺地盤、先端地盤を緩めることもなく、また、スライムの発生が無いため、信頼性の高い優れた支持力特性を発揮します。
Point3
 
建設発生土が少なく環境に優しい工法です。
原地盤の土を材料としてソイルセメント柱を造成するため、従来の場所打ち杭工法と比べて、建設発生土の量を大幅に削減できます。
Point4
 
工期の短縮が可能です。
高性能の掘削・撹拌機械を用いてソイルセメント柱を造成するため、工期の短縮が可能です。
Point5
 
低振動、低騒音で施工できます。
杭体造成工事を低振動、低騒音で施工することができるので、市街地での杭工事にも適しています。
copyright (c) 2003 NOZAKI KENKO.All Rights Reserved.