NOZAKI KENKO ノザキ建工株式会社
会社概要
工法紹介
Super KING<スーパーキング>工法
KING<キング>工法
HYSC<ハイエスシー>工法
HBM<ハイビーエム>工法
構真柱建込工法
ANS<アンス>工法
工法の概要
工法の特長
(財)日本建築センター評定事項
NMR<エヌエムアール>工法
施工実績
お問い合わせ
TEL:043-243-0606
サイトマップ
TOPへ
ANS工法・工法の概要
 
アースドリルとANSバケットで拡底杭の管理を容易に。
ANS工法とは、アースドリル式拡底杭工法です。
支持層まで、アースドリルで掘削し底部をANSバケット及びANS底浚いバケットを用いて拡底掘削し鉄筋籠の建込み、コンクリート打設を行い現場にて杭を築造します。
1.拡底杭の管理が容易に出来ます。
拡底掘削の開始から完了までの杭形成状の各段階を拡底検知装置により検知でき又補助として深度計も掘削管理が行えるため杭形状の確認が容易に出来ます。
2.孔底処理が完全に行えます。
拡底掘削の開始から完了までの杭形成状の各段階を拡底検知装置により検知でき又補助として深度計も掘削管理が行えるため杭形状の確認が容易に出来ます。
3.拡底部の崩壊の恐れが少なく小さなトルクで確実な拡底掘削が出来ます。
拡底掘削の開始から完了までの杭形成状の各段階を拡底検知装置により検知でき又補助として深度計も掘削管理が行えるため杭形状の確認が容易に出来ます。
4.バケット機構が簡単で故障が起こりにくい。
拡底掘削の開始から完了までの杭形成状の各段階を拡底検知装置により検知でき又補助として深度計も掘削管理が行えるため杭形状の確認が容易に出来ます。
5.拡底部の崩壊の恐れはありません。
拡底掘削の開始から完了までの杭形成状の各段階を拡底検知装置により検知でき又補助として深度計も掘削管理が行えるため杭形状の確認が容易に出来ます。
copyright (c) 2003 NOZAKI KENKO.All Rights Reserved.